屋根と壁の豆知識 外壁・屋根リフォームに関する豆知識や最新情報をお届けします!

HOME > 屋根と壁の豆知識 > スタッフブログ > リシン仕上げの外壁について知っておきたいこと

リシン仕上げの外壁について知っておきたいこと

スタッフブログ 2024.05.28 (Tue) 更新

みなさま、こんにちは(^^)/外壁塗装や屋根リフォームを行っている『屋根と壁のお店』ブログ担当の稲川です。

弊社は、地元・地域に愛され続けるお店をモットーに埼玉県越谷市、草加市、吉川市の外壁塗装・屋根塗装工事を行っております。

 

 

今回のブログでは、家の顔とも言える外壁、リラックス、ゆっくり、コーヒー特にリシン仕上げの外壁の種類と特徴、さらに塗り替えを検討されている方へのポイントについてお話ししたいと思います。

リシン仕上げの外壁は、その独特の質感と耐久性で多くの方から選ばれていますが、その魅力とはどのようなものなのでしょうか?

また、塗り替えの際には何を考慮すれば良いのでしょうか?

塗装やリフォームを考え始めると、様々な疑問が出てくると思いますが、皆さまの役立つ情報をお届けできればと思います。

コーヒーを片手に、ゆっくりとご覧ください☺

 

 

 

 

 

 **リシン仕上げの外壁とは?**

リシン仕上げとは、外壁に細かい凹凸をつける仕上げ方法の一つで、独特の質感が魅力的です。

この仕上げ方法は、見た目の美しさだけでなく、機能面でも多くの利点を持っています。

 **種類と特徴**

リシン仕上げの外壁には大きく分けて、以下のような種類があります。

種 類

特  徴

アクリル

リシン

アクリル樹脂をベースにした塗料で、耐久性と耐水性があり、色の種類が豊富で、明るい色でも長期間色褪せすることが少ないです。

シリコン

リシン

シリコン樹脂を使用しており、アクリルリシンよりもさらに高い耐候性と耐久性を誇ります。塗り替え周期を長くしたい方におすすめです。

ウレタン

リシン

弾力性に富み、小さなひび割れにも追従するため、保護能力が高いのが特徴です。耐摩耗性も優れています。

 

これらのリシン仕上げは、それぞれに特徴がありますので、お家の立地条件やご予算、期待する耐久年数に合わせて選ぶことが大切です。

街並み、外壁、家

 

 

**塗り替えの際のポイント**

リシン仕上げの外壁を長持ちさせるためには、適切なタイミングでの塗り替えが重要です。

その際に考慮すべきポイントは以下の通りです。

 

**塗り替え時期の見極め**

一般的に、リシン仕上げの外壁は7~10年を目安に塗り替えを検討することが多いです。しかし、環境や塗料の種類によって変わるため、小さなひび割れや色褪せが見られたら専門家に相談することをお勧めします。

 

**下地処理の重要性**

 塗り替える前に、外壁のクリーニングや補修をしっかりと行うことで、塗料の密着を良くし、仕上がりの美しさと持続性を高めます。

 

**適切な塗料選び**

 元々のリシン仕上げの種類によって選ぶ塗料も重要です。アクリル、シリコン、ウレタンなど、それぞれの特性を理解し、環境や要望に合わせた選択をしましょう。

 

**専門家の意見を参考に**

 塗り替えは専門的な知識を要する作業です。自分で判断が難しい場合は、経験豊富な専門家に相談することをお勧めします。

 現在の外壁の状態を正確に評価し、最適な塗り替えプランを提案してくれます。

 

 

 

**劣化症状とそのサイン**

劣化について、どのようなサインがあるのか、そしてその意味についてお話ししたいと思います。

 

劣化、家、外壁

 

**色褪せ**

リシン外壁の一番わかりやすい劣化のサインは、色褪せです。日差しの強い日本では、特に夏の強い日光にさらされ続けることで、外壁の色が徐々に薄くなっていきます。これは、外壁の美観だけでなく、塗膜の保護機能が低下していることを示しています。

 

 **ひび割れ**

外壁に細かいひび割れが見られるようになったら、それは劣化のサインの一つです。このひび割れは、温度変化による外壁材料の伸縮や、建物の微細な動きによって生じることがあります。放置すると水が侵入し、内部の構造まで損傷を与える可能性があるため、早めの対応が必要です。

 

 **カビや藻の発生**

湿気の多い場所や、雨水が長時間滞留しやすい場所では、カビや藻が発生しやすくなります。これらは外壁の見た目を損ねるだけでなく、外壁の材質を徐々に劣化させてしまう原因となります。また、健康にも悪影響を及ぼす可能性があるため、発見次第、適切な処置を行うことが大切です。

 

 **塗膜の剥がれ**

外壁の塗膜が部分的に剥がれてしまうこともあります。これは、塗装の密着力が低下し、外壁の保護機能が十分に果たせていないことを意味します。特に、雨風に直接さらされる部分でこのような症状が見られる場合は、早急な修繕が求められます。

 

リシン外壁の劣化サインを見逃さないことは、家を長持ちさせる秘訣の一つです。色褪せやひび割れ、カビや藻の発生、塗膜の剥がれなど、これらのサインが見られたら、それは外壁が「少し手入れが必要です」と伝えているサインとして、定期的な診断やメンテナンスと早めの修繕で、美しく健康な家を保ち続けましょう。

 

 

塗装、ハケ、壁

 

**まとめ**

リシン仕上げの外壁は、定期的なメンテナンスによって、その魅力を長く保つことができます。外壁の塗り替えは、家全体の印象を大きく変える重要な工事になりますので慎重になるのも大切ですね。

いかがでしたか?、この記事が、リシン仕上げの外壁や塗り替えについての理解を深めるきっかけとなれば幸いです。何かご不明点やご相談がございましたら、お気軽にお問い合わせ・ご相談ください。美しい外壁で、毎日の生活をより豊かなものにしましょう。

それでは、今回の記事はここまでとなります。次回も、皆様のお役に立てる情報をお届けできるよう、努めてまいります。

最後までご覧いただき、ありがとうございました。

 

(株)屋根と壁のお店では

地元の会社、地域の方が安心できる塗装工事を目指しています!

『だから私たちにとって作品です』

この言葉を合言葉に、地元・地域に愛され続けるお店を目指して

お客様の大切なお家を確かな施工力で

「作品」としてお守りいたします!(^^)!

外壁塗装・屋根塗装のことなら(株)屋根と壁のお店へお気軽にご相談ください☺

✔話を聞くだけでもOK!

  ✔お見積もりだけでもOK!

                         ✔まずは無料診断から😉

越谷市・草加市・吉川市地域密着!お客様の大切なお家を守ります ご相談・見積り・診断は無料です!!

0120-335-271 お気軽にお電話ください!
【営業時間】 10:00~19:00(月曜日定休)

  • 外壁塗装ショールーム 来店予約はこちら
  • お気軽にご相談ください お見積り依頼 見積り依頼はこちらから

他社でお見積り中の方も大歓迎!失敗しないためにもぜひ比較してください!!